Skip to main content

英国特許庁(UKIPO) は付与を受けた特許の有効性に関する見解提供をしており、これには英国で有効化された欧州特許も含まれています。ここでは新規に提起された無効性の根拠のみが分析されますが、証拠不十分や追加事項についての申し立ても同様に提起される可能性があります。弊社は、競合他社が保持するお客様に不都合な欧州特許に対する異議申し立てを可能にするため、これらの見解を利用します。弊社は3つのステップで手続きを行っており、これをメジャーリーグの「トリプルプレイ」に例えて弊社の「トリプルプレイ」と呼んでいます。 プレイ1:許容不可能の延長(追加事項)、不十分性、および新規の既知の発明において申し立てができないかどうかについて分析します。プレイ2:上記が可能な場合、英国特許庁に対して無効性についての見解を求める申請手続きを行います。 プレイ3:英国特許庁の見解が無効性を指摘した場合、弊社はお客様に代わって欧州特許異議申し立て手続きを行います。

Icon

強く投げて、早く打つ

英国特許庁の見解申請は特許が付与され次第行うことができ、通常、欧州特許に対する異議申立て期限である9か月よりはるかに前である3か月以内に見解書が取得できます。

Icon

公的見解が低価格で取得可能

英国特許庁からの公式見解はお客様にとって多大な優位性をもたらします。公式申請手数料は200ポンドです。

Icon

審判員に対する警鐘

見解申請を受け、英国特許庁は当該欧州特許の英国における有効性について「職権上の無効化手続き」を開始する可能性があります。

Icon

見えないプレイ

英国特許の見解取得申請者は実名にて申請を行う必要はないため、この申請は第三者によって行うことができます。

「トリプルプレイ」―特許異議申し立てへの弊社のアプローチ方法

弊社独自の特許異議申し立てへのアプローチ方法である「トリプルプレイ」をもって、弊社はお客様のストライクゾーンにとって最高のパートナーといえます。野球と同様、弊社の「トリプルプレイ」法(議論の取りまとめ、公式見解の申請、異議申し立て手続き)がお客様の競合他社に付与された欧州特許を排除する直接的な方法なのです。

お問い合わせ

競合他社に対して付与された欧州特許がお客様の事業の妨害をしていませんか?弊社が異議申立てのお手伝いをいたします。「トリプルプレイ」と呼ばれる弊社独自の特許異議申立て法がお客様の事業活動を妨害する知的財産の排除への最速の方法です。

Anthony Carlick博士
デンネマイヤー&アソシエイツ

特許出願

特許出願文書の作成後は、ご希望の管轄区域すべてに出願するよう当社にご依頼ください。

特許訴訟

お客様の貴重な特許が侵害されている場合は、特許権を行使し、侵害を食い止めましょう。