Skip to main content

インドの特許法では、特許を受けた発明がインド国内においてどの程度の商業的規模で使用されたかについて、毎年報告書を提出する必要があります。不使用の場合はその合理的な理由や、使用案を特許庁に提出しなければなりません。お客様が特許庁とのやりとりに煩わされることのないよう、デンネマイヤーが代理人のネットワークを通じて、上記の実施状況報告書の提出をサポートいたします。

Icon

窓口の一本化

インドでの特許出願やプロセキューションをデンネマイヤーにお任せいただくと、特許付与後も専属の弁理士が一本化された窓口として対応いたします。

Icon

現地の専門家

厳選されたデンネマイヤーの現地パートナーが、インドの特許庁を定期的に訪問いたします。彼らは、特許庁が用いるツールや手順が特許保有者にとって最適なものとなるよう働きかけます。

Icon

厳重なチェックと取り扱い

実施状況に関して虚偽の報告をした場合、最長6ヶ月の懲役となる可能性があります。デンネマイヤーの専門家は、お客様にご提出いただいた報告書を細部まで精査いたします。

Icon

包括的なグローバルネットワーク

確かにインドの法的要件や手続きは独特なものですが、他国同様にお客様の知的財産を市場に出すことができます。このような特殊な手続きに関してもお任せください。

インド国内で特許関連のフルサービスを提供

インドは大きな可能性を秘めた市場であり、個人所得も拡大しています。できるだけ早く製品を投入し、この新興市場から利益を得ましょう。知的財産権に関する問題をデンネマイヤーにお任せいただければ、お客様は適切な参入戦略を立案しつつ、核となるビジネスに集中することができます。デンネマイヤーの実施状況報告書作成サービスは、当社の 特許出願 プロセキューションサービスとともに、お客様にフルパッケージを提供いたします。また、他社が出願における申請書の作成や処理を行った特許についても、実施状況報告書の提出を承ります。

専門家にお問い合わせください

お客様が知的財産に関する戦略や、インド市場のご希望の分野でリーディングカンパニーとなる準備に専念できるよう、デンネマイヤーがすべての基礎作業を担当いたします。

Robert Fichter博士
デンネマイヤー&アソシエイツ 取締役

欧州特許(EP)の有効化(バリデーション)

デンネマイヤーは、お客様のビジネスに関わる欧州諸国への特許有効化をサポートいたします。

特許協力条約(PCT)に基づく国際出願の国内移行

デンネマイヤーが提供するPCT国内移行サービスを通してお客様の特許を世界的に保護し、複数の管轄地域での出願を可能にしましょう。