Skip to main content
A_chocolate_bunny_meltdown_and_other_IP_bites.jpg
知的財産関連ブログ / チョコレート・バニーのメルトダウンとその他のIPをひとかじり

チョコレート・バニーのメルトダウンとその他のIPをひとかじり

知的財産法の世界ではここ数日、3つの注目すべき事件が見出しを飾りました。商標では、スイス連邦最高裁判所がチョコレート・バニーの争奪戦でLリドル社に不利な判決を下し、別の著作権侵害訴訟ではエド・シーランが陪審裁判に出廷するよう命じられました。最後に、グーグルが特許侵害訴訟を回避したことは、早期公開を避けることの決定的な重要性を浮き彫りにする話となりました。

カンカンに怒る: リンツ vs. リドル

スイスの高級チョコレートメーカーであるリンツ&シュプルングリー社とドイツのディスカウントストアであるリドル社の間で争われたイースターバニーのチョコレートに関する商標権訴訟で、スイスの最高裁判所が2022年9月29日 (a September 29 decision)にリンツ社に有利な判決を下しました。

2001年以来、このショコラティエは、ベストセラーで最も認知度の高い商品の一つである、ミルクチョコレートのウサギを金色のホイルで包み、赤いリボンと鈴で襟を立てたものについて、EUの立体商標 (EU 3D shape trademark)を保有しています。それゆえ、リドル社が視覚的に類似したお菓子を販売していることに対して、スイス企業は2018年に訴訟を起こしました。

csm_A_chocolate_bunny_meltdown_and_other_IP_bites_01_bb5f436dc8

それは、食うか食われるかのチョコレートの世界における適者生存のサバイバルであり、登録されたものでもあります。2001年のEU商標登録のおかげで、リンツ社の黄金のウサギは緑の野原で戯れ、イースターの太陽はリドル社に沈んでいる。

連邦最高裁は昨年、スイスの商事裁判所が下した、この訴訟を却下する判決を覆したのです。リンツ社は、チョコレートでできた動物の形状が、一般によく知られていることを示す調査結果を最高裁に提出することに成功しました。最高裁 (the Supreme Court stated)はプレスリリースで、リドル社の商品の「全体的な印象」とリンツ社の商標の形状との「明確な関連性」から、十分な混同の可能性があると判断したと述べています。その結果、リドル社はスイスでのチョコレート・バニーの販売を禁じられ、違反者は溶けるように消滅しなければなりませんでした。

「破滅の原因は比例します。とりわけ、チョコレート自体を破壊しなければならないわけではないのですから」と、判決文は締めくくられています。

リンツ社にとって勝利は甘く、リドル社のウサギは難しい結末を迎えることになります。

エド・シーラン、著作権侵害で裁判所に出廷

今年4月に前件で勝訴したエド・シーランは、著作権侵害の疑いで再び法廷に立つことになりました。イギリスの陪審員は2017年の「シェイプ・オブ・ユー」が盗作によるものではない(not to have resulted from plagiarism)と判断しましたが、米連邦地裁のルイス・スタントン判事がポップスターの訴えの却下要求を退けた (rejected the pop star's request) ため、米国の陪審員は2014年にリリースされた「シンキング・アウト・ラウド」がマーヴィン・ゲイの「レッツ・ゲット・イット・オン」をコピーしたかどうかを判断しなければならないことになります。

「レッツ・ゲット・イット・オン」の共同作曲者であるエド・タウンゼントの遺族は2016年にシーランに対する手続きを開始したが、裁判を命じられたのは持ち株会社ストラクチャード・アセット・セールズ社が2018年に起こした訴訟でした。タウンゼントの著作権の3分の1を所有するストラクチャード・アセット・セールズ社によると、悩めるシーランとその共同作曲者エイミー・ワッジは、「メロディ、リズム、ハーモニー、ドラム、ベースライン、バックコーラス、テンポ、シンコペーション、ループ 」など、楽曲に関わる相当な構成要素をコピー (copied substantial compositional elements)しているとのことです。

csm_A_chocolate_bunny_meltdown_and_other_IP_bites_02_fe5743960b

シンガーソングライター、マーヴィン・ゲイの遺産は、著作権訴訟では知らぬ者はいない。通常の流れから一転して、遺族は2013年楽曲「ブラード・ラインズ」の作者たちから、ゲイの「ゴット・トゥー・ギブ・イット・アップ」をコピーしたとの主張に対して宣言的救済を求めて提訴された。2018年に約500万米ドル、「ブラード・ラインズ」によって生じた全ロイヤリティの半分を支払うという決定で、遺族が勝利しました。

4月の英国裁判の結審後にコメントしたシーランは、インスタグラムでビデオ声明を発表 (video statement on Instagram)し、「ポップミュージックで使われる音符は非常に多く、コードはごくわずかなので、音楽的な類似性は必然である」と主張しました。Spotifyで毎日6万曲がリリースされていれば、偶然の一致は起こるに違いありません。年間2200万曲になるけど、使える音符は12個しかないのです。

裁判の日程は決まっていませんが、1億米ドルの損害賠償のために、ストラクチャード・アセット・セールズ社は明らかに躍起になっています。

パデュー大学、Googleに対する訴訟を取り下げ

パデュー大学の研究部門は、Googleがスマートフォンのバッテリー節約技術を侵害したとする特許訴訟について、確定力をもって棄却することに合意 (agreed to dismiss with prejudice)しました。この訴訟は、2月にテキサス州ウェーコで最初に起こされたもので、Googleが同大学が保有 (a patent held by the university)する「電源バグを検出するシステムおよび方法」に関する特許を侵害したと主張していました。

特筆すべきは、紛争の中心となった特許が、ソフトウェアベースの珍しい特許であったことである。しかし、審理がカリフォルニア州サンフランシスコに移った後、大学の図書館が、同じ内容の特許が出願される1年以上前に、その発明を詳述した論文を偶然に公表していたことが明らかになったのです。したがって、この特許は無効ということになりました。

csm_A_chocolate_bunny_meltdown_and_other_IP_bites_03_66f727ff20

Googleは、特許訴訟を多く抱えていますが、原告であるパデュー大学の過失により、新たな訴訟を免れることができました。この研究機関は、知的財産権の保護を申請する前に誤って内容を開示したため、自身のソフトウェア特許を無効にしてしまったのです。

パデュー大学の代理人弁護士は、誤りが発見されるや否や、「誠実で倫理的な特許権者なら誰でもすることで、特許を放棄する手続きを開始しました」とコメントしました。

このような事態は、迅速な特許出願と、早期または意図しない開示を避けることの重要性を強調するものです。 

Next article
csm_Gobble-up-the-latest-IP-updates-straight-from-the-U.S._83012acab0
A taste of IP news, American-style

This month's IP news is a cornucopia of updates from the home of roast turkey and pumpkin pie.