Skip to main content
Utility-patent-vs.-design-patent-What-protections-do-they_offer_04.jpg
知的財産関連ブログ / 実用新案と意匠新案:どのような保護があるのか?

実用新案と意匠新案:どのような保護があるのか?

知的財産(IP)権で創造的な表現を保護することを考えるとき、私たちは通常、実用新案、商標、著作権を思い浮かべます。しかし、多くの法域では、製品の非機能的な特性をカバーするために意匠特許を取得することができます。この種の特許は、範囲、権利行使可能性、保護対象などの点で、「従来の」実用新案とどう違うのでしょうか。

この疑問に答えるために、これらの特許保護の類似点と相違点を検討し、製品のカバー範囲を強化し、IPポートフォリオの強度と結束力を高めるために、これらの特許がどのように相互補完できるかを確認します。発明の個々の構成要素がそれぞれの実用新案で保護されるのと同様に、意匠特許は、より有名な従兄弟と並んで、同じ製品の別々の側面を保護することができます。

ハーグ協定が国際意匠特許出願をどのように効率化するかについては、以前の記事(英語)をご覧ください。

米国特許の専門家へのお問い合わせはこちらから

実用新案とは?

法域によってさまざまな用語が使用されていますが、米国で知られている実用新案とは、新規かつ有用なプロセス、機械、製造品、物質構成、またはその改良について発明者または組織に発行される知的財産権です。例えば、スマートフォンのバッテリーを長持ちさせる革新的なシステムを独自の方法で開発した場合、そのコンポーネントや技術は、その分野の通常の知識を持つ人にとって自明でなければ、実用新案による保護の対象となる可能性があります。

この種の特許保護を申請するには、実用新案出願を作成し、適切な知的財産当局(この場合は米国特許商標庁(USPTO))に提出することになります。この特許出願には、以下の内容が含まれていなければなりません:

  • 抄録
  • 発明の概要および開発の背景の説明
  • 発明の詳細を記載した特許請求の範囲
  • 本発明の図面およびその説明
  • 発明の独創性を示す宣言書と
  • 出願、調査および審査に適用されるすべての手数料

実用新案が承認されると、最長20年間、不正な使用や複製から知的財産を保護することができます。しかし、その期間は与えられるものではなく、特許を維持するために定期的な支払いを行う必要があります。米国では、特許付与日から3.5年、7.5年、11.5年後にこれらの維持費を支払う必要があります。これらの期限にはそれぞれ6ヶ月の猶予期間があり、その間に課徴金を支払って特許権を維持することが可能です。

意匠特許とは?

意匠特許は、その名の通り、発明や物品の実用的な要素や機能ではなく、視覚的な外観や表面の装飾 (visual appearance and surface ornamentationvisual appearance and surface ornamentation)を保護するものです。とはいえ、特に現代のデザイン哲学の文脈では、形と機能を分離することは必ずしも容易ではありません。米国のように実用新案という選択肢を提供する国には、それに対応する意匠特許という選択肢があります。

意匠特許の出願手続きは、実用新案と似ていますが、出願に成功すると20年ではなく15年間の保護が得られ、維持費の支払いも不要になります。この15年という期間はかなり最近の変化で、2015年5月に米国が世界知的所有権機関(WIPO)の「工業意匠の国際寄託に関するハーグ協定 (Hague Agreement Concerning the International Deposit of Industrial Designs)」のジュネーブ法に署名したことに始まります。

csm_Utility-patent-vs.-design-patent-What-protections-do-they_offer_03_1121e7560f

異なるタイプの特許による保護を重ねることで、競合他社があなたの知的財産権を回避するための回避策を用いることをより困難にすることが可能です。

最近、デザイン特許は、競争が激しく、ハイテク化が進む市場において、極めて重要な資産として人気と認知度を高めています。例えば、GoogleやMeta(旧Facebook)のような企業は、自社のグラフィカル・ユーザー・インターフェースを米国のデザイン特許で保護し、世界中で同等のIP登録を行っています。

先に述べたように、1つの発明の関連要素について、両方の特許タイプを申請し、取得することができます。しかし、訴訟となると、その意味合いは必ずしも一概には言えません。アップル社とサムスン電子社の間 (between Apple and Samsung)で起こった有名な特許侵害の争いを考えてみましょう。両者の巨額の訴訟費用はともかく、この訴訟が長引いた理由のひとつは、意匠特許と実用新案特許の両方が精査されたからです。2つの技術大手は、複数の管轄区域、訴訟、反訴にまたがって7年間争いましたが、2018年に最終的に和解し、アップル社に5億3900万ドルの最終的な裁定が下されました。

著作権の方が優れている?

著作権は、デザイン特許と同じIPをカバーすることができます。また、著作権は自動的により長く存続し、アメリカやヨーロッパでは70年以上も長生きします。しかし、侵害の規定には決定的な違いがあります。著作権侵害の基準は、先行作品へのアクセスによって実質的な類似性が生じたと判断される場合にのみ満たすことができます。つまり、意図的な複製が立証されなければならず、偶然の一致や独自に派生した物品が先行作品を侵害することはありません。デザイン特許の場合はそうではありません。意匠が特許化されると、同じ法域で競合する著作物は、潜在的侵害者が登録に気づいていたか否かにかかわらず、必然的にその独占的権利を侵害することになります。

もちろん、意匠権と著作権は相反するものではありませんから、両方を追求することも可能です。自由の女神がそうであったように (the Statue of Liberty did)

世界各地の特許品種

ほとんどの国では、「特許」という用語を、特に米国の実用新案によって与えられる知的財産権を指すために使用しています。他国の特許が与える権利も基本的には同じで、多くは最長20年で、医薬品や農薬についてはEU、米国、その他のさまざまな法域で一定の延長が可能です。

オーストラリア、日本、中国、ヨーロッパの大部分を含む多くの国で、実用新案 (Utility model)と呼ばれる実用新案権に代わる短期間の特許が提供されています。実体審査が不要なため、資格基準は通常の特許よりかなり低くなっています。一方、更新料は不要ですが、実用新案の有効期間は10年で、米国、英国、カナダを中心とする多くの主要な法域では認められていないため、付与された特許の法的強度が不足しています。

csm_Utility-patent-vs.-design-patent-What-protections-do-they_offer_02_729de16295

発明のどの部分を、どのタイプの特許でカバーするかを知ることは、効率的で効果的な出願戦略にとって極めて重要です。

一方、米国の意匠特許で保護される知的財産は、ハーグ制度などの国際協定により、世界中で広くカバーされています。とはいえ、用語や存続期間には、やはり多少の差異があります。EUでは (In the EU)、登録共同体意匠(RCD)は当初5年間有効で、5年ごとに更新でき、最大25年間の権利行使が可能です。未登録の共同体意匠(UCD)は、所有者の行政措置は不要ですが、3年間しか有効でなく、更新することはできません。イギリスも同様のパターンで、登録意匠権 (registered design rights)は最長25年、未登録意匠権 (unregistered design rights)は10~15年となっています。その他、日本の(工業)意匠 ((industrial) designs)(20年)、カナダの工業意匠 (industrial designs)(10~15年)、オーストラリアの意匠権 (design rights)(10年)などが主要な登録意匠です。ユニークなのは、モナコでは工業意匠権 (industrial design rights)が最長50年続くことです!

私の知財に最適な戦略は?

この質問に対する答えは、複数の要因によって決まります。まず第一に、保護を求める法域を考慮し、次に、保護がどの程度広範囲に及ぶ必要があるかを判断します。

次に、機能的なイノベーションと装飾的なイノベーションのどちらを保護したいかを決めます。この2つが絡み合っている場合、最も効果的な戦略は、両方の独占権を取得することです。

どの市場を優先するか決めたら、関連する各国特許庁または欧州特許庁(EPO)などの地域特許庁に個別に国内出願します。

デンネマイヤーの専門家は、地域的な知識と国際的な視野を持ち、最善の出願戦略を決定し、その戦略を成功させるための法的専門知識を提供します。あなたの発明が実用新案、意匠、またはその両方を必要とするものであっても、私たちは、あなたの創造的なアウトプットが、あなたのビジネスのあらゆる場所で侵害から守られることを確実にするために、ここにいます。

Filed in

Next article
csm_Unitary-effect-and-European-validations-in-view-of-national-prior-rights_f5d2d68993
Unitary effect and European validations in view of national prior rights

It has now been over six months since the doors of the Unified Patent Court (UPC) opened, bringing numerous changes for European patent applicants and recent patentees.