Skip to main content
Every-dog-has-his-day-in-court_04.jpg
知的財産関連ブログ / 犬にも豊年あり (裁判所にて)

犬にも豊年あり (裁判所にて)

知的財産(IP)の新しい年の始まりは、訴訟など旧来の名残りを伴うものです。しかし、毎月楽しみにする価値のあることもあります。そこで、2023年のIPニュースは、米国発の2つの魅力的なストーリーと著作権の難問で、最高のスタートを切ることにしましょう。

商標的な迎え酒

市場は、最盛期には弱肉強食の世界となることもありますが、ジャック ダニエルとVIP Products LLCの争いは、単なる酒場のケンカではありません。当初は商標権侵害の一件であったものが、米国政府の司法行政の最上層部を巻き込むまでにエスカレートしてしまったのです。

そしてこの物語は、喧嘩と法律にウイスキーのボトル、そして犬のおもちゃと古典的なカントリー&ウェスタンのバラードの要素をすべて含んでいるのです。

ウイスキーメーカーであるジャック ダニエルは、その登録商標を保護するために多大な労力を費やしており、特に主力商品とその容器にまつわる商標を保護しています。そのため、VIP Productsがジャック ダニエルの象徴的なボトルの形をした犬のおもちゃを販売したとき、警戒を強めたジャック ダニエルは、停止命令書 (cease and desist letter)を送ることにしたのです。

しかしVIPは引き下がらず、2014年にアリゾナ州の連邦裁判所にアプローチし、「バッドスパニエルズ」玩具のパロディ性は蒸留所に属する商標権を侵害も希釈もしていないとの判決を下すよう働きかけました。ジャック ダニエルを希釈するという考えは多くの人にとって忌み嫌われるものですが、スティーブン・マクナミー上級判事もその一人で、2018年に混同と風評被害の可能性(likelihood of confusion and reputational harm)があると判決を下しています。

csm_Every-dog-has-his-day-in-court_01_eb4f43125e

ジャック ダニエルの視覚的表現、すなわち「トレードドレス」の多くの側面は、様式化された名前や“Old No.7 BRAND”ロゴなど、それぞれ独自の商標登録で保護されています。(画像引用元:monticellllo - stock.adobe.com)

しかし、「43% POO BY VOL.」や 「100% SMELLY」といったおいしいセールスポイントを誇る犬のおもちゃと、間違いなく世界で最も有名なテネシーウィスキー(バーボンではない)を、どうして合理的な人間が間違えられるでしょうか?泥酔してなければ、とても間違えることはできないでしょう。

それはともかくとしても、争点にはなりません。なぜなら、商標は製品またはサービスの商業的起源を示すものだからです。その上、ジャック ダニエルは、ペット用のおもちゃを含む第28分類を含む多数のニース分類の製品をカバーする広範な商標ポートフォリオを所有しています。したがって、消費者が「バッドスパニエルズ」のおもちゃをジャック ダニエルの公式商品と誤解する可能性は、泥臭いメッセージはともかくとして、あり得ることなのです。

しかし、この判決は2年後、サンフランシスコの第9巡回区控訴裁判所によって覆されました(overturned two years later)。カリフォルニアの裁判官団は、このキーキー鳴るおもちゃは「憲法修正第1条の保護を受けるべき表現物」であると結論づけたのです。このユーモアは、ウイスキーのシロップのような金色とは全く違う色をしているかもしれないが、それでも控訴裁判所の目には、保護された言論であると映ったのです。

そしてついに2022年11月21日、最高裁はジャック ダニエルが提出した2回目の上告状を受理しました。しかし、この問題が終結する前に、この物語には最後のオチがあるのです。

2023年1月18日、最高裁における米国政府の公式代理人である司法省法務大臣が、ジャック ダニエルの上訴を支持するアミカス・キュリエ (amicus curiae)(法廷の友人)という裏付資料を提出しました。この裏付資料は、下級審の両判決を批判するものでした。「商取引における商標の侵害疑惑使用のパロディ性は、ランハム法の混同の可能性基準を適用する際に考慮されるべきですが、それは法定基準を追加したり置き換えたりすることを正当化するものではありません。(中略)控訴裁判所は、その基準を全く適用せず、連邦地裁は被控訴人のパロディーの主張を不当に無視したのです。」

最高裁は、法務大臣エリザベス・プレロガーの事務所が主張するような議論を考慮する義務はないが、最高裁判所は通常、行政府の同輩に耳を傾けるものです。

あとは、誰が間違った木に向かって吠えているのかということだけです。

アップルから1メガバイト

この最高裁とアメリカ合衆国訟務長官室の関係は一方通行とは程遠いと言えるでしょう。アミカス・キュリエの裏付資料が提出される前日、最高裁は、カリフォルニア工科大学(Caltech)がAppleとBroadcomを相手に起こした特許侵害訴訟を審査するかどうかについて、訟務長官の意見を求めたのです。

カリフォルニア工科大学の苦情は、2006年から2012年の間に無線データ伝送の改善に関する一連の特許を授与されたことに関するものです。カリフォルニア州の研究機関は、数百万台のApple製携帯端末に使用されているBroadcom製チップが、Wi-Fi開発に関する知的財産権を侵害していると主張しました。2020 年にカリフォルニア州で行われた陪審裁判では、カリフォルニア工科大学の訴えが認められ(awarded Caltech)、Apple と Broadcom に対し11 億米ドル (および利息) という途方もない額の損害賠償の支払いが命じられましたが、2 年後の控訴審でこの金額は取り消されました(vacated two years later)

csm_Every-dog-has-his-day-in-court_02_ef52806baa

アップルが起こしたスマートフォン革命は、1997年に倒産寸前だった会社を数兆円規模の巨大企業(multi-trillion-dollar behemoth)に変貌させた一連の出来事の一つに過ぎません。

昨年2月、米連邦巡回控訴裁は、この数字を無効としたものの、侵害の認定の大部分を支持し、損害賠償に関する新たな裁判のために差し戻しました。Apple と Broadcom は、カリフォルニア工科大学の特許の無効性を主張することが、容認できないほど妨げられていると主張し、最高裁判所に提訴しました。

この裁判はカリフォルニア工科大学側に有利なように見えますが、この記事を読んでいるあなたが使っているWi-Fi電波のように、有効性、遅延損害、損害賠償の問題はまだ宙に浮いたままなのです。

クマ(とネズミ)をつつく

少し前に、人工知能(AI)によって生成された画像が、現行の知的財産権のフレームワークとどのように相互作用するのか、その不確実性について議論したことがありました。このテーマを探るにあたり、私たちはこう問いかけました。

  • 著作物に対するAIの「学習」は侵害にあたるのでしょうか、それともフェアユースやフェアディーリングの規定の例外となるのでしょうか?
  • アーティストは、自分の作品から派生したAI生成画像によって物質的な損害を受けることがあるのでしょうか?

残念ながら、これらの疑問に対する具体的な答えはまだ出ていません。それでも、勇敢なアーティストたちが、著作権の大物たち(biggest copyright heavyweights)との戦いに果敢に挑み、自分たちの手で問題を解決しようとしています。

3Dキャラクターアーティストのエリック・ブルダージス氏は最近、Twitterでミッキーマウスやスーパーヒーロー、セレブリティのAI生成画像を使った製品を販売するよう呼びかけ、波紋を広げて (a stir on Twitter)います。どうやら、ブルダージス氏の意図は海賊版の作成行為で利益を得ることではなく、知的財産の巨人がAIによる派生物に対して、その膨大な数の商標や著作権を守ることを強いることで、明確な判例を確立することにあるようです。

csm_Every-dog-has-his-day-in-court_05_d6b1568505

画像作成AIが論争を巻き起こす才能を持っていることは否定できません。彼らが描いた絵は、知的財産権の衝突、所有権と創造性の大胆なテーマ、著作権の性質に関する印象的な声明であふれています。

AIと知的財産の融合は、特定の権利者やプログラムだけでなく、「LAION-5B」と呼ばれる画像とテキストの組み合わせ約58億5000万件のデータセットを中心に広がっています。このコレクションは、さまざまなAIプログラムの学習に使用されますが、著作権者の知識や同意なしに収集されたものであるため、ブルダージス氏のようなアーティストを激怒させています。

著作権の適用除外を拡大し、検索エンジンやデータキャッシングプログラムによる「非消費的利用(non-consumptive use)」を含めることは依然として議論を呼ぶ解決策ですが、派生画像に対する反対意見を鎮めることはできないでしょう。EUは2019年4月には、デジタル単一市場における著作権および関連する権利に関する指令(Directive on copyright and related rights in the Digital Single Market)で2つの例外を導入しました。1つは科学的研究の目的でオンラインデータに自由にアクセスすることを認め(第3条)、もう1つは商業的なテキストマイニングとデータマイニングを規定(第4条)していますが、権利者は第4条に基づいて自分たちの素材へのアクセスを差し控えることを選択することができます。

英国知的財産庁(UKIPO)はさらに広範な許可を提案し、貴族院は著作権者とクリエイティブ産業に損害を与える可能性があることを強く戒める(admonish strongly against)ことになったのです。英国で法的救済を求める時期が来たと感じたのか、ゲッティイメージズは2023年1月19日、ロンドンの高等法院でStability AIに対して法的手続きを開始(commenced legal proceedings)したと発表しました。画像ライセンス大手は、「Stability AIは、ゲッティイメージズが所有または代理する著作権で保護された数百万の画像と関連するメタデータをライセンスなしに不法にコピーして処理した」と主張しています。

英国のフェアディーリング例外規定は、米国のフェアユース基準よりやや厳しく、この訴訟は知的財産の受難に傾きかねない世界中の独立系アーティストの救いになる可能性があります。

何はともあれ、ミッキーを模倣するような余計な手出しは無用です。

Next article
csm_Cost_cuts__denied_desperados_and_digital_disclosure_6d31120289
Cost cuts, ditched desperados and digital disclosure

Learn about reduced fees for small inventors in Europe, why notorious names cannot be trademarked and how a proposed U.S. law could bring AI transparency to copyrights.