Skip to main content
Naughty-or-nice.jpg
知的財産関連ブログ / 善か悪か:今月注目の知財訴訟のゆくえ

善か悪か:今月注目の知財訴訟のゆくえ

クリスマスを目前に控え、知的財産の権利者や管理者、弁護士の頭の中では、シュガープラムが踊っていることでしょう。しかし、いくら夢を見ようとも、知財の世界は決して眠りません。今月のニュースで明らかになったように、勝敗が混在していることが多いのです。今回は、クリスマスを前に素敵なプレゼントや石炭の塊を靴下の中から見つけた人たちをご紹介しましょう。

輝くスター...

名高いフェスティバルシンガーであるマライア・キャリーは、最近、サンタクロースと同じくらいIP論争に明け暮れているようです。しかし、彼女は自分の欲しいものリストの中から少なくとも1つを選びました。11月1日、マライアに対して提起されていた著作権侵害訴訟(数オクターブで2000万ドル)が取り下げられました。

カントリー歌手のアンディ・ストーンは2022年6月3日、彼女の1994年のヒット曲「恋人たちのクリスマス」(原題All I Want for Christmas is You)が、彼が5年前に共作した同名の曲の「人気」と「スタイル」を利用したと主張して、マライアを提訴しました。

今月に入ってからの自主的な棄却は、マライアの最も有名な曲が流れ始めるこの時期に、彼女にとって早めのクリスマス・プレゼントのようなものでした。しかし、ポップミュージックの世界では、すべてがバラ色の頬とジンジャーブレッドというわけではありません。著作権の救済からわずか2週間後、米国特許商標庁(USPTO)の商標審判部は、マライアが同時に申請していた "Queen of Christmas"、"QOC"、"Princess Christmas "の商標を拒絶する決定を下しました。

...それとも内臓を抜かれた七面鳥?

2021年3月に申請されたこの商標は、すぐにミュージシャン仲間のエリザベス・チャンやダーリン・ラヴの怒りを買い、自分たちが同様の名称を使うことを妨害し、祝祭日を独占しようとしていると受け止められました。異議を申し立てたチャンは、その膨大な楽曲のカタログと、このジャンルへの多大な貢献によって、メディアから「クリスマスの女王」という称号を与えられているのです。8月にVariety誌のインタビューを受けたチャンは、「マライアが求めるように、クリスマスにまつわる何かを一人の人間が永続的に抱え込んだり、独占したりしてはいけないと強く感じています。それは、正しいことではないのです。クリスマスはみんなのものです。共有するものであり、所有するものではないのです。」と述べています。

csm_Naughty-or-nice_01_bc0e229141

「謹んで申し上げたいのは、私は自分自身を(クリスマスの女王)とは思っていないということです。」キャリーは異議申立書によって、このように述べたと引用されています。「私にとっては、(聖母)マリアがクリスマスの女王です。」

マライアが審査会に応じなかったため、この出願には不履行裁定が下され、将来の登録の可能性が残されています(可能性は低いかもしれませんが)。しかし、このことは、異議申立理由のうち、チャンに関連する「優先権および混同のおそれ」と、同じくチャンに関連する「生死を問わず、人、制度、信念または国の象徴との関連性を誤って示唆すること」(それぞれ商標法2条d、a)の是非が審理されていないことも意味しています。

興味深いことに、チャンの主張は一個人がクリスマスを「所有」しているという問題には触れていません。宗教的な祝日と世俗的な行事としてのクリスマス、つまり信仰および制度としてのクリスマスとの関連性という誤った示唆をもとに、このような異議申し立てを行うことは、より困難ではありますが考えられることです。USPTOの商標審査便覧(TMEP)の 1203.03(b)(i) では、「当事者(パーティー)が自己のアイデンティティの利用をコントロールする権利を侵害される場合、たとえ商標の使用を許諾する権限を有する法人が存在しない場合であっても、虚偽の関連性の示唆が認められる可能性がある」とされています。

クリスマスを祝う人たちがそのような「パーティー」にあたるかどうかは、審理されないままです。職場のクリスマスパーティーの祝辞についてはまた別の問題で、度胸がテストされることになるでしょう。

崖っぷちのチップ

著作権から商標、そして特許へ。2022年11月15日、VLSI テクノロジーは、コンピューターチップ製造大手インテルを相手取った大規模な特許侵害訴訟で勝訴しました。テキサス州の連邦陪審は、日本のコングロマリット、ソフトバンクグループ株式会社が支援する米国の特許保有会社であるVLSI社のプロセッサチップに関する特許を侵害したとして、インテルに総額9億4880万米ドルの損害賠償を命じました。

csm_Naughty-or-nice_02_eebb7b00c3

カリフォルニア州サンタクララに本社を置くインテルは、不実施主体(NPE)にとって魅力的な条件を備えたテキサス州ウェーコでの特許訴訟のおかげで、同地の法廷で非常になじみの存在となりました。

VLSIとインテルの特許紛争において、テキサス州で判決が出たのは実に3件目です。昨年3月、別の陪審員はインテルに21億7500万ドルという巨額の賠償を命じましたが、この判決は後に上訴されました。そして、2021年3月の判決からわずか1カ月後、インテルは31億ドルという特許侵害の弾丸をかわしたのです。テキサスでは何でも大きいというのは本当です。

もちろん、インテルが2020年に2,867件、2021年に2,615件の米国特許を取得しており、世界で最も多くの特許を取得している企業の一つであることは、彼らが知的財産に置く価値と、その事業領域が非常に革新的であることを示しています。これだけ膨大なポートフォリオがあれば、訴訟を起こされるのも仕方がないとも言えますが、宿命とはいえ、上記の賠償額は、巨大なテクノロジー企業にとっても「山あり谷あり」だけでは済ませることができないでしょう。

VLSIの特許侵害訴訟は、カリフォルニア州とデラウェア州の2箇所で係争中であり、今回の敗訴をもってインテル社の訴訟問題は一段落したわけではありません。このようなVLSIの訴訟活動は、持株会社がチップ製造に積極的でないことと相まって、「パテント・トロール」であり、米国の法的枠組みの改革の必要性を広く示していると評する向きもあるようです。どちらの訴訟も結果は予断を許さない状況ですが、莫大な金額がかかっていることは間違いないと言えそうです。

今年もあとわずかですが、知財の良いリストに載り、悪いリストに載らないようにするチャンスはまだあります。その方法は、ぜひ他の記事でご確認ください。サンタには私たちがリストを送ったとお伝えください!

Previous article
csm_Taking-products-at-face-value_5308eb007a
Taking products at face value: trademarks and origin

A roundup of the biggest Intellectual Property (IP) stories from around the world.

Next article
csm_Every-dog-has-his-day-in-court_04_91f88d8ce7
Every dog has his day (in court)

A roundup of the biggest Intellectual Property (IP) stories and trends from around the world.