Skip to main content
Shocking_IP_electrons_exposes_and_energy_blasts_07.jpg
知的財産関連ブログ / 衝撃のIP:電子、暴露、爆発的人気

衝撃のIP:電子、暴露、爆発的人気

無形財産権の永続的な性質が固定的で硬直的ではないことを確認するニュースを、さまざまな無形財産の世界からお届けいたします。

私たちは、まず、先進的な素材がどのようにして電気自動車革命をより高いギアにシフトさせているかを検討した後に、商標所有者が登録をどのように維持するかを考えてみました。最後に、類似商標の荒野を覗いてみると、許容と侵害の境界を特定することが、いかに難しいかを思い知ることとなりました。

状況が青になれば、緑も進む

電気自動車(EV)業界が直面する最も差し迫った問題のひとつは、リチウムイオン電池の原材料調達の難しさです。米国地質調査所の統計によると、世界のリチウム消費量 (global consumption of lithium)は2021年の95,000トンから2022年の推定134,000トンまで、1 年間で 41% も急増しました。これにより、炭酸リチウムの価格が2022年中に1トンあたり約35,000米ドルから67,000米ドルへと大幅に高騰しただけでなく、サプライチェーンの相対的な不安定さも浮き彫りになりました。貿易障壁、関税、海運への攻撃などはすべて、EVの生産と普及に混乱をもたらす可能性があります。

しかし、リスク要因を抱えている資源は炭酸リチウムだけではありません。リチウムイオン電池の正極の製造によく使用される金属であるコバルトとニッケルは、環境的・社会的に大きなコストを伴う可能性があります。児童労働や労働者の安全軽視は、鉱山や廃棄されたバッテリーであれ、コバルト採掘におけるの二重の災難 (scourges of cobalt extraction)です。これらの非人道的な慣行を根絶する方法の一つとして、正極用の代替材料を見つけ、それによってコバルトの需要を信頼できる供給者のみが賄えるレベルに減らすことです。

csm_Shocking_IP_electrons_exposes_and_energy_blasts_01_8daa3c1c2c

最近のリチウム市場の変動により、2022 年にはキロワット時あたりの電池コストが上昇しているにもかかわらず、2013 年からの全体的な傾向として、この技術の価格は顕著に低下しています。実際、調査プロバイダーのBloombergNEFによると、現在バッテリーの生産量は 世界の需要を上回っており (outstrips global demand)、この差は今後数年間でさらに拡大するとのこと。

ありがたいことに、そのような代替品が間もなく入手可能になる可能性があります。マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者たちは今月、コバルト電池よりも安価に製造でき、充電速度も速い有機正極電池 (an organic cathode battery)について説明した論文を発表しました。ランボルギーニが一部資金提供したこの技術は、現在の製造プロセスによる悪影響を軽減する可能性があります。

コバルトやニッケルなどの金属の代わりに、有機化合物ビステトラアミノベンゾキノン (TAQ) の層が電子供与体として機能し、電流が流すことができる。この化合物が他の有機正極と異なる点は、導電性に加えて不溶性であることです。この研究の上席著者であり、MITのWM Keckエネルギー教授であるミルチャ・ディンカ氏は次のように説明しています (explained)「有機材料が劣化する原因のひとつとして、有機材料が単に電池の電解液に溶けて電池の反対側に移動し本質的に短絡が生じることです。材料を完全に不溶性にすれば、そのプロセスは起こらないので、劣化を最小限に抑えながら 2,000回以上の充電サイクルが可能になるのです。」

この新しい電極は特許出願中であり、MITの報告によれば、ランボルギーニはすでにこの革新的な技術のライセンスを取得しているという。この設計が価格を付けずに高性能スポーツカーの要件を満たすことができると証明されれば、遅かれ早かれコバルトフリーのバッテリーがEVに搭載される日も近いかもしれません。

また、ミルチャ・ディンカ氏は、「これはすでに既存の技術との競争力を備えており、現在電池に使用されている金属の採掘に関連するコストや労力、環境問題の多くを軽減できる」とコメントしています。

バッテリーのより倫理的で効率的なバッテリーのサプライチェーンは、EVを大いに後押しし、エミッションフリーのコンセプトを真に普及させるでしょう。

商標LVの場合

英国の小規模な家族経営の企業とルイ・ヴィトンのファッションハウスの間で2年に渡って争われた商標訴訟で、英国のローレンス&ヴィクトリア・オズボーン夫妻に有利な判決が下されました。2020年時点で470億ドル以上 (more than $47 billion USD)のブランド価値があると推定されるこの高級品大手は、オズボーン夫妻による「LVビスポーク」の商標登録に反対し、自社製品との虚偽の関連付けの可能性や、知的財産の特徴的な性格が損なわれる可能性があると主張していました。

1月16日、英国知的財産局(英国IPO)の審問官は、ルイ・ヴィトンの以前の商標と、ハンドメイドの家庭用および庭園用装飾品に関するとの間に混同の可能性はないとの決定を下した (delivered his decision)。マシュー・ウィリアムズ氏は広範な調査の結果、混同の可能性、不当利益/不利益効果、虚偽表示など、すべての理由で異議申立てが不成立であると判断しました。

csm_Shocking_IP_electrons_exposes_and_energy_blasts_09_ff1b6e970f

英国知的財産庁の目には、ハンドメイドの庭の装飾品は、高級ハンドバッグやその他のファッションアイテムとは程遠いものに映っています。いずれにしても、著名な国際ブランドは自社の商標を積極的に防御する義務があります。これを怠ると、第三者が重要なブランド要素の認知度を低下させる可能性があるからです。

ルイ・ヴィトンはこの決定に対して控訴することができるが、その意向は示していません。英国知的財産庁はまた、オズボーン夫妻に商標登録の弁護費用として4,000ポンドを授与したが、BBCの報道 (reported by the BBC)によると総額は1万5,000ポンドだったという。民事訴訟と比較すると、英国知的財産庁またはその他の知的財産庁での審判はかなり費用が安く、より迅速に解決される可能性があります。とはいえ、特に個人や中小企業にとって、時間とリソースの投資は負担となる可能性があります。

英国公共放送のインタビューに応じたビクトリア・オズボーン氏は、商標異議申し立てが個人的および商業的に与える影響について「過去2年間、私たちは自分たちのビジネスにハンドブレーキをかけなければならなかった。 それは非常に困難なことでした。」と語った。彼女はさらに、「この戦いによって引き起こされたのは経済的および精神的なストレスだけではありません。リブランディングする必要があるかどうかがわからず、事業計画も保留せざるを得ませんでした。」と付け加えました。

リブランディング (rebranding)の必要はないようで、ファミリービジネスはすでに高い評価をさらに高めていくことができるでしょう。 2020年のCOVID-19パンデミックの最中に設立して以来、夫妻はチャールズ国王のサンドリンガム邸宅のトピアリー芝生用の金属製の王冠を製作し、人気テレビ番組「ガーデナーズ・ワールド」のライブイベントに出展しました。

たとえ王室御用達の植物商標であっても、どんな商標もその栄誉に甘んじるわけにいきません。そうであればこそ、法的ノウハウ、冷静な判断力、細部への目を組み合わせることで、独自の商標を永続的に定着させることができるのです。

デジタル分野での知財バトル

親会社である任天堂が所有するポケモン シリーズは、史上最も価値のあるメディア IPであると考えられており、2021 年の推定では 1996 年以来の総収益が1,000 億ドル ($100 billion USD)に達すると推定されています。トランプ、ビデオ ゲーム、漫画、商品を合わせて、そのポップカルチャーの浸透度は他の追随を許さない状況です。

多くの人がこの成功を真似したいと思うでしょうが、酷似してしまうリスクを冒してまでそうするのは、無謀としか言いようがありません。しかし、IP において当たり前ということはほとんどありません。1月 19日に「パルワールド」に発売されたオープンワールドのサバイバルゲームとして、プレイヤーは資源を集めて仮想の砦を作り、飢えをしのぎ、仲間と戦う必要があります。これらの機能はこのジャンルではありふれたものですが、『Ark: Survival Evolved』や『DayZ』のようなタイトルが恐竜やゾンビを通じて賭け金やゲームプレイの魅力を高めているのに対し、『パルワールド』には「パル」と呼ばれるファンタジー生物が登場し、偶然にも圧倒的な火力を備えています。

インターネット ユーザーからは「銃を持ったポケモン」と呼ばれるこのゲームは、予想された通りの論争を引き起こしており、それがその驚異的な成功の一部となった可能性があります。発売後 3 日間で、このオンライン マルチプレイヤー ゲームは驚異的な500 万本 (five million copies)を販売しました。一方、トラッカー Web サイト Steamdb は、同時プレイヤー数がピーク時に 130 万人に達し、負荷に対処するために開発者による緊急の対応が必要であると報告しました。

csm_Shocking_IP_electrons_exposes_and_energy_blasts_04_67746360ca

ポケモンと仲間の類似点は、多くのキャラクターが植物や動物のインスピレーションに基づいているという事実によって複雑になっています。同様に、特定のアートスタイル自体は著作権の独占権の対象ではありません。つまり、表面的に切り取られた侵害訴訟には、一見したよりもはるかに法的なニュアンスが含まれている可能性があります。

日本のゲームデベロッパーのポケットペア社は巨大企業の怒りを招く胆力があると言えるかもしれませんが、そもそもゲームがリリースされたという事実が一部の人にとっては驚きでした。Game File とのインタビュー (an interview with Game File)で、ポケモン社の元最高法務責任者であるドン・マクゴーワン氏は、これについて「年に何千回も目にするようなよくあるぼったくりのナンセンスのようだ… ここまで来たかと、ただ驚いています。」と振り返っています。

発売前の反発を予想して、ポケットペアのCEO溝部拓郎氏はAutomatonに対し声明 (a statement to Automaton)を発表し、同社が知的財産を尊重することを保証した。「私たちはゲームを非常に真剣に作っており、他社の知的財産を侵害するつもりはまったくありません。」

現時点では、任天堂は法的措置を講じる場合、どのような措置を講じるのかを明らかにしていません。パロディには例外があり、直接複製を証明する必要があるため、任天堂が主要市場で著作権侵害の訴訟を立証するのは難しいかもしれません。正当な理由がある場合、他の攻撃手段には、以前の商標の特徴や評判に悪影響を与えると主張したり、偽装や混乱を招く可能性が高いと主張する可能性があるでしょう。

関係者がどのような行動をとるにせよ、「パルワールド」の爆発的な参入は、ほぼ確実に知的財産の影響を引き起こすでしょう。しかし、風下に何があるかはまだ分かりません。

Previous article
csm_Wrestling-IP-challenges_old-and-new_01_6ad7c6f4f7
Wrestling IP challenges, old and new

The year may be drawing to a close, but the flow of Intellectual Property (IP) news shows no sign of slowing down.

Next article
csm_WTR_1000_Trademark_industry_awards_for_Dennemeyer_in_2024_01_2a6a65a663
WTR 1000: Trademark industry awards for Dennemeyer in 2024

The Dennemeyer Group is proud to have received numerous awards in the World Trademark Review's annual guide recognizing world-class legal practice.