Skip to main content
Can-generative-AI-generate-IP_The-rise-of-ChatGPT_05.jpg
知的財産関連ブログ / 生成AIは知財を生み出せるのか?ChatGPTの台頭?

生成AIは知財を生み出せるのか?ChatGPTの台頭?

少し前までは、人工知能(AI)がさまざまな種類の地味な仕事をこなす未来の世界を想像していたかもしれません。しかし、AIがコードやエッセイ、特許の要約を書く能力について考えたことはあったでしょうか?

当面は、AIとその機械学習 (ML) の長期的な可能性を過小評価したり、 AIにはない全知性を割り当てたりするのは賢明ではありません。 それはさておき、このテクノロジーの可能性は非常に大きく、現在の状況を説明するには、「過渡期」という表現がまさしくふさわしいでしょう。

この熱意と疑惑の入り混じった状況を、生成テキストモデル (よりカジュアルに言えば「チャットボット」) である ChatGPT をめぐる会話や論争ほどよく表しているものはほとんどありません。 このため、チャットボットは、知的財産 (IP) システム、その実務者、受益者への影響を検討する目的で、複数のブログ投稿にわたる生成 AI についての長期的な議論の理想的な出発点となります。

ウェビナー(英語)に参加して、最先端のリーガルテクノロジーの世界を発見し、商標業界に革命をもたらす人工知能の可能性について学びましょう。

ウェビナー(英語)録画で最新の生成AIの可能性について確認する

驚きの成功:ChatGPTの起源

このブログで検証したAI画像生成ツール「DALL-E」の開発元でもあるOpenAIのクリエイターによると、ChatGPTは2020年までさかのぼる自然言語処理(NLP)モデルに基づいていたため、彼らほど最近の人気に驚いている人はいないとのこと。このモデルは 2020 年に遡ります。 (dates back to 2020) OpenAI の企業リーダーたちは、アプリの開発チームと同じ考え方で開発に取り組み、応答性が向上し、会話音声 (および対話) がより効果的にシミュレートされる更新された NLP システムによるテクノロジー業界からのファンファーレを期待していました。 そしてメインストリームからの注目はほとんどありませんでした。

そして、そもそも彼らは正しかったのです。 ChatGPT が 2022 年 11 月に一般公開されたときは、ほとんど注目されませんでしたが、12 月までにニュースやソーシャル メディアで取り上げられるようになりました。 2023 年初頭の調査によると、ChatGPT は史上最も急速に成長している消費者向けアプリケーション (the fastest-growing consumer application in history)であり、1 月の月間アクティブ ユーザー数は 1 日あたり約 1,300 万人、月間アクティブ ユーザー数は 1 億人を超えています。

csm_Can-generative-AI-generate-IP_The-rise-of-ChatGPT_02_5d71ac1dcb

チャットボットの概念は 1960 年代から存在していましたが、商業的に役立つテキストを生成するために必要なデータ サンプルは、インターネットの登場からです。今日のAIが生き生きとしているのは、人間のあらゆる表現にアクセスできるからでもあります。

ChatGPT の技術基盤は、平均以上の電子商取引チャットボットの技術基盤とまったく異なると言うわけではありません。 以前のモデルと同様に、AI テキスト生成は NLP を使用しており、(検索エンジンのクエリの断片的な表現ではなく) 典型的な音声として入力されたユーザーのリクエストを解釈します。 しかし、その精巧性と応答力は、学習した膨大な量のデータにより、どの顧客サービスボットを、はるかに凌駕しています。

  • とんでもない状況で架空の人物と現実の人物を組み合わせた脚本を書くよう依頼します。 それを適切な脚本形式で実現します。
  • ブルースの先駆者であるジョン・リー・フッカーが過小評価されている理由を尋ねると、レコードの売り上げが悪く、プロモーションもほとんど行われなかったため、後のブルース、R&B、ロックアーティストへの影響に比べれば、その見落としは明らかである、と答えています。
  • 現代のIP産業に最も影響を与えている問題についてはどうでしょうか。ChatGPTはすぐに、技術進化のスピード、規制の変化と管轄の違い、IPトロールや模倣品などを挙げました。

ChatGPT の実用的でユーモラスな魅力は明白ですが、その急速なユーザー数の増加や、マイクロソフトが100億ドルを投資 (invest $10 billion USD in the company)し、ベインがマーケティングパートナーシップ(Bain's marketing partnership)を結んだことを説明するには不十分なように思えます。実際、コカ・コーラの次の広告キャンペーンには、この清涼飲料大手がベインの最も著名な顧客の一つであるため、ChatGPTが作成したスローガンやコンテンツが含まれる可能性が高いでしょう。

制約と論争

OpenAI は ChatGPT の制限について非常に透明性があります。 ログインすると、ユーザーには、2021 年以降の歴史的知識が(利用可能なトレーニング データにより)制限されているという免責事項の通知と、「時折、誤った情報が生成される」および「有害な指示や偏ったコンテンツが生成される」可能性があるという警告が表示されます。

csm_Can-generative-AI-generate-IP_The-rise-of-ChatGPT_03_2906483259

生成AI開発者は、悪意のあるユーザーの意図を妨げるために意図的な「障害物」を設定します。それでも、非常に不快な内容を作成しようとしている人物を予測して阻止するのは難しいことで知られています。

企業のリーダーやプログラマーは、これらの問題についてメディアで積極的に取り上げており、常に対処に努めていると主張しています。4月25日に発表されたメジャーアップデートでは、ユーザーのプライバシーを保護するためにチャット履歴をオフ(turn off chat history)にするオプションが追加されました。この措置は、国民の苦情や政府の制限に応じて取られる最後の措置ではないでしょう。最近では、ニューヨーク市の公立学校は不正行為の懸念からこのアプリを禁止(banned the app)し、イタリアはユーザーの年齢確認を怠ったことと「個人データの大量収集と保管を正当化する法的根拠が存在しない」として一時的にアプリへのアクセスを禁止(temporarily forbidden access)した。 」 イタリア政府の留保を受けて、ドイツ、フランス、アイルランド、スペインの規制当局はいずれも状況を監視しており、一般データ保護規則(GDPR)違反の可能性があるとしてOpenAIに対して措置を講じる可能性があります。

意外にも、このアプリのコードを書く機能は、最も激しい論争を引き起こしています。業界の評価(prove wanting in industry assessments)では、このアプリのプログラミング能力は十分でないとされていますが、(サイバーセキュリティの専門家からの指示に基づくとはいえ)マルウェアの作成(create malware)に使用されたこともあるのです。業界では、AIが少なくともある程度は人間のプログラマーに取って代わる(replace human programmers)のではないかと感じている人もいる。AIやオートメーションが「雇用の破壊者」であるという懸念は新しいものではなく、今のところ、最も熱心な支持者の期待通りにはなっていませんが、ゴールドマン・サックスの調査によると、ジェネレーティブAIは世界で3億人のオフィスベースの仕事 (300 million office-based jobs)に悪影響を及ぼすと予想されています。

ChatGPT と 知的財産(IP)

これまで、ジェネレーティブAIが知的財産分野に与える影響については、画像生成ツールを中心に検討されることがほとんどで、この技術に起因する痛烈な非難を引き起し、著作権訴訟も後を絶たない状況です。

csm_Can-generative-AI-generate-IP_The-rise-of-ChatGPT_04_571539527f

「芸術とは何か」という古くからの哲学的な議論に、画像ジェネレーターが新たな息吹を吹き込んでいます。芸術とは作り出すのが難しいものでなければならないのか、それとも作品が美しければそれでいいのでしょうか?芸術的価値は結局のところ、見る人の目に左右されるのでしょうか?

しかし、ChatGPTの仕組みや出力に注目する法律家や著作権者が増えれば、このような映像メディアへの一極集中は解消されると思われます。しかし、チャットボットはテキストのみであるため、著作権侵害の可能性はゼロではないにせよ、グレーゾーンのようなものです。著作権のある作家の作品から(意図的に)派生したものを生成することはできますが、生成された作品が侵害の基準に達するかどうかは、まだ法的には検証されていません。同様に、そもそも生成AIを訓練するために著作権のある著作物にアクセスし利用することが、フェアユース/フェアディーリングの許容範囲から外れる商業目的であるかどうかも判断されていないのです。おそらく、AIは自然人ではないので、「教育的」な免除は適用されないと思われます。

結局のところ、生成的であるというその性質上、これらのAI技術は、特に成熟し、その能力が拡大するにつれて、何らかの形で知的財産の世界の主要な問題と戦わなければならないでしょう。次回のブログでは、著作権や知的財産権に関する問題を取り上げる予定です。お楽しみに!

Next article
csm_Your-comprehensive-guide-to-IP-docketing_07_094a71a187
Your comprehensive guide to IP docketing

Learn how IP management and proper docketing techniques can improve your business's resource allocation and support cost efficiency.