Skip to main content
What-happens-now-to-Royal-Warrants-of-Appointment.jpg
知的財産関連ブログ / 英国ロイヤルワラントの今後は?

英国ロイヤルワラントの今後は?

202298日にエリザベス2世が亡くなり、チャールズ3世が即位したことで、王室任命令状という制度について、その意味や付与方法、継承の際の対応などに注目が集まっています。

故エリザベス女王は、イギリスをはじめとする英連邦14カ国の君主として70年以上にわたって君臨し、マスタードやドッグフード、ティーバッグなど、さまざまな日用品に女王の紋章が描かれていることに、これらの国の人々は慣れ親しんできました。史上2番目に長い君主の統治が終わり、"By Appointment to Her Majesty The Queen"と誇らしげに表示されていた商品がどうなるのでしょうか、多くの人が戸惑うのも無理はないでしょう。

ロイヤルワラントは英連邦だけのものではなく、スペイン、ルーマニア、タイなどの王室が発行しています。現在、イギリスには約875のロイヤルワラントがあり、約800人のロイヤルワラント保持者(800 Royal Warrant holders)が存在しています。王室御用達の証は、文字通り、国家元首やその家族の承認印として機能するものです。このような認定は、消費者の信頼につながり、売上を向上させる可能性があるため、非常に重要なものです。バーバリーの衣料品、ベンディックスのミント、キャドバリーのチョコレート、ケロッグのシリアルなど、ワラントが付いた人気商品があります。

ロイヤルワラントとは?

まず、王室御用達は知的財産(IP)の一形態ではなく、英国知的財産庁の規制を受けないということです。英国王室のメンバーやその家族が、商品やサービスを提供する個人や企業に対して直接付与するものです。各ワラントは5年間付与され、その後更新することができます。

csm_What-happens-now-to-Royal-Warrants-of-Appointment_02_40d9efc214

王室任命令状に関連するエンブレムは、付与者のタイトルによって異なります。(画像出典:Wikipedia)

英国王室御用達の歴史は、少なくとも15世紀にさかのぼり、1476年(one of the first in 1476)に印刷工のウィリアム・キャクストンが最初の御用達を受けたのが始まりです。それ以来、ロイヤルワラントの付与、表示、更新の手続きは、何世紀にもわたり確立されてきました。

ワラントの付与者は、君主によって決定されます。最近の付与者は、女王、エディンバラ公、プリンス・オブ・ウェールズ(現チャールズ3世)です。すべての取引は商業ベースです。ロイヤルワラントの付与者は、その対価を支払う必要はなく、王室から優遇されることもありません。授与者は、提供する商品やサービスに関する情報とともに、授与者の王室紋章を表示することができます。使用に関する規定は侍従長によって詳細に定められており、その規定に従わない場合は、いつでもロイヤルワラントを取り消すことができます。ロイヤルワラントは、法律事務所が提供するような専門的なサービスや、新聞や同様の出版物には発行されないことを認識しておくとよいでしょう。

多くの助成団体が非営利のロイヤルワラント保有者協会(Royal Warrant Holders Association)に加盟していますが、これは義務ではありません。同協会は、年間約20~40のロイヤルワラントが取り消され、同数のロイヤルワラントが追加されるとしています。

これから何が変わるのでしょう?

同協会によると、付与者(エリザベス2世など)が死亡または退位した場合。「王室御用達の文書は無効となるが、企業または個人は、当該企業内に大きな変化がない限り、最長2年間、事業に関連して王室紋章を使用し続けることができる。」

従って、2024年まではエリザベス2世の王室紋章が入った製品、および前皇太子の名前が入ったワラントが引き続き見られると予想されます。それ以降は、記章が削除されるか(ワラントが交換されない場合)、新しい付与者を示すように更新されることになります。ただし同協会は、主権が変更された場合には、王室がワラントの付与を見直すとも述べています。

過去2年間に女王とその夫であるフィリップ王子の2人が亡くなったことから、新国王チャールズ3世は、ウィリアム王子やカミラ王妃など、さらに付与者を増やすことを決定するかもしれません。その場合、ウィリアム王子やカミラ王妃が新たなロイヤルワラント保持者を指名することができます。

チャールズ3世に期待することとは?

チャールズ3世がどのような改革を行うか、治世の初期段階である現在、予測するのは早計です。しかし、ロイヤルワラント制度は、王室だけでなく企業や個人にも利益をもたらすものであることから、おそらく現在と同じように機能し続けることになるでしょう。既存の助成先の多くは、王室のメンバーに商品やサービスを提供し続けるため、おそらくロイヤルワラントが更新されるでしょう。また、国王がプリンス・オブ・ウェールズであった時代に王室御用達を受けた企業は、新しい役割においても引き続き国王の支援を受けることができます。

csm_What-happens-now-to-Royal-Warrants-of-Appointment_03_b0de53d7d3

現在、エリザベス2世の認定証を表示している製品群は、チャールズ3世が新たなワラントを発行するかどうかに応じて、最長で2年間、マークの修正または削除が可能です。

プリンス・オブ・ウェールズ時代、国王は環境保護や倫理的な取引を支援することで知られていました。今後、持続可能な製品やオーガニック製品にロイヤルワラントが付与されるかどうかは、興味深いところです。これは、知的財産権の一種と考えられている(considered a form of IP)認証マークの使用と同様、ロイヤルワラントの革新的で進歩的な使用方法となる可能性があります。

その点、チャールズ3世はブランディングの経験があり、自分の領地で栽培した有機食品を販売する非営利会社「ダッチー・オリジナルズ」を設立していたことも付け加えられます。この会社はビスケットで最も有名でしたが、他の多くの製品に拡大しました。

ダッチー・オリジナルズ社は、1992年にさかのぼり、「ダッチー・オリジナルズ」と「ダッチー・オーガニック」のさまざまな英国の単語および図形商標を所有しています。2009年にスーパーマーケットのウェイトローズとパートナーシップを結び、ウェイトローズ・ダッチー・オーガニックブランド(Waitrose Duchy Organic)で野菜、肉、卵、チーズなどの食品を販売しています。発生した利益の一部は、プリンス・オブ・ウェールズ慈善財団 (The Prince of Wales's Charitable Foundation)を通じて、さまざまな慈善活動に寄付されています。

ワランツの威力

イギリスのような立憲君主制国家では、国王や女王が行使する「ソフトパワー」について解説者がよく語ります。王室御用達は、その好例です。王室が特定の企業や個人を支援するための、長年にわたる信頼できるが、しかし比較的非公式な制度です。

新国王は、治世の他の側面と同様に、おそらくロイヤルワラントを付与するシステムを継続するでしょうが、例えば保証される製品の種類や付与者の身元など、段階的な変更にも応じる可能性が高いと思われます。今後数年間で、どのような変更が行われるのか、明らかにされることでしょう。

Next article
csm_Your-comprehensive-guide-to-IP-docketing_07_094a71a187
Your comprehensive guide to IP docketing

Learn how IP management and proper docketing techniques can improve your business's resource allocation and support cost efficiency.