Skip to main content
What_can-be-trademarked-and-what-cannot.jpg
知的財産関連ブログ / 商標登録できるもの、できないもの?

商標登録できるもの、できないもの?

一見すると、商標の適格性というテーマは、ビジネス名と商品名だけが商標登録できる、という当たり前のことのように思えます。しかし、現実はもっと複雑です。商標で保護できる知的財産(IP)を正確に把握することは、ブランド・アイデンティティを推進・保護しようとするクリエイターや組織にとって極めて重要なことです。

強力な商標の威力は、いくら強調してもし過ぎることはありません。メルセデス・ベンツの象徴的な3点記章やナイキの人目を引く「スウッシュ」など、適切なマークは、ブランドと顧客の間に永続的な感情的つながりを築くことができるのです。

ブランディングの要素を登録商標にすることを検討している場合、どの知的財産がそのような保護の対象となるかについて正確に記憶しておくことは、非常に価値があることでしょう。このような問題ではよくあることですが、法域間の法律の違いに特に注意することが重要です。

商標登録できるものは?

商標(またはサービスマーク)は、そのブランドが提供する1つまたは複数の商品またはサービスとともにブランドを識別する役割を果たします。ロゴ、言葉(商品名やサービス名を含む)、スローガン、文字、略語、数字、デジタルサイネージ、包装デザイン、音、匂い (even smells)なども、関連する法域の適格性基準を満たす限り、すべて商標にすることができます。

csm_What-can-be-trademarked-and-what-cannot_02_5232dfe0e0

重要なことは、香りは、商品またはサービスにおいて実用的な機能を果たしていない場合にのみ、商標の保護対象となることです。香水や芳香剤の香りが商標として認められないのは、香りが商品の識別要素ではなく、商品の重要な構成要素であるためです。

法律の具体的な内容は地域によって異なりますが、商標登録を受けるために必要な条件としては、以下のようなものがごく一般的です。

  • 商標は、商業的な起源を区別するために、特徴的で独創的である必要があります。製品名や会社名については、多くの場合、暗示的または恣意的な商標であることが望ましいとされています。示唆的な商標は、例えば「エアバス」のように製品を明確に定義せずに示唆するものであり、恣意的な商標は、例えば食品の「マース」のように問題の成果物とは全く関係のないものです。

  • 商標は、提出する商標出願に詳述されているように、1つまたは複数の製品またはサービスに具体的に適用される必要があります。

商標登録できないものは?

ある資産が著作権や特許で保護されるからといって、その資産が商標でも保護されるとは限りません。知的財産権は相互に排他的ではなく、対象が様々な資格基準を満たす限り (satisfies their various eligibility criteria)、重複することが可能です。しかし、異なる形態の知的財産権にはそれぞれ目的があるため、商標と他の形態の知的財産権を併用することは、ほとんどの (すべてではありませんが (but not all)) 企業にとって冗長となります。

ロゴや商品名、その他の資産において、それぞれ単独では商標になる可能性があるものの、登録を妨げる可能性のあるいくつかの規定があります。

  • 描写性/識別力の欠如: 文字通り品物をそのまま表す言葉(「トマト」、「ビール」、「銅」、その他一般的な言葉)は、一般的な使用のために確保されなければならないので、商標登録することはできません。同様に、消費者に特定の営利企業を示すことができない商標も登録されません。 

  • 混同のおそれ: あなたの未登録商標が、あなたが提供する同じ商品またはサービスを表すために現在使用されている登録商標と十分に類似している場合、それは登録することができません。しかし、類似の登録商標と全く異なる商品に関連する未登録商標は、審査官が否定的に見る可能性はあるものの、頭から拒絶されることはないでしょう。 

  • 政府の公式画像の使用:政府(EUの場合は国家連合)に直接関連する言葉、名前、イメージは商標登録できません。 

  • 欺瞞性:消費者の混乱、不正競争、公衆の誤解を招く恐れのある商標は、決して商標登録されることはありません。 

  • 下品な言葉や冒涜的な言葉: 一般大衆がわいせつまたは不快とみなす用語や視覚的表現、および特定の集団を故意に侮辱するような表現は、通常、商標登録から除外されます。また、娯楽目的の薬物使用を助長する (promote recreational drug use)ような、公序良俗に反する標識も禁止されています。

多くの法域において、完全な固有名詞に対する商標権を取得することは一般に困難とされています。しかし、ディズニーやフォード、シャネルのように、長い間確立されたブランド意義と二次的意味を持つ場合 (long-established brand significance and secondary meaning)には、姓を登録できることがあります。

管轄区域における顕著な差異

何が商標登録できて何ができないかについての正確な答えは、商標登録を行おうとしている場所によって異なる場合があります。しかし、商標の保護を求める法域の法律の詳細については、常に熟知しておくことが重要です。

csm_What-can-be-trademarked-and-what-cannot_04_c2059b8582

複数の地域で保護を申請する場合、現地の法律に関する専門的な知識は不可欠です。ある法域での成功や失敗が、他の法域でも同じ結果になるとは限りません。

ここでは、商標に関連する興味深い地域的な差異をいくつか紹介します。

  • 米国では、2019年6月の最高裁判決 (June 2019 Supreme Court decision)で、「攻撃的な」言葉は商標登録できないという基準に疑問が投げかけられました。同裁判所は、「視点に基づく差別」をする登録の禁止は、米国憲法修正第1条の言論の自由の保護に反するとの判断を示しました。従って、衣料品会社FUCTの社名が「不道徳でスキャンダラス」という理由で、米国特許商標庁(USPTO)から登録を拒否されることはありませんでした。これにより、この国は他のほとんどの国と対立することになります。  
  • 商標を確実に登録するために、直ちに商業的に使用することは義務付けられていませんが、多くの国では、現在の商取引で使用するかしないかを出願時に明記することを要求します。欧州連合知的財産庁(EUIPO)はこの質問をせず、直ちに商業的に使用されない商標も登録します。ただし、5年以内に使用されない場合は、権利者の権利が取り消される可能性 (could be revoked)があります。
  • ほとんどの国では、未登録であっても「よく知られている」と合理的に考えられる商標には、より高い保護が与えられます。とはいえ、商標がこの条件を満たせるようになるまでにはかなりの時間がかかるため、常に登録を求めることが賢明です。

  • 米国では特殊な状況下でのみ考慮されますが、フランスやその他多くのEU諸国では、ホログラム (holograms)のような従来とは異なる商標を商標保護の対象として開放しています。

もちろん、上記以外にもたくさんのバリエーションがあります。前述したように、地域を包括的に知ることが重要なのです。

ブランド力の強化

欧州で商標を保護する場合、国内商標登録またはEU商標(EUTM)登録のいずれかを選択するか、または両方を選択することができます。EU加盟国における国内商標は、EUTM出願に比べ、登録が拒絶される可能性が低いことは注目に値します。そのため、まず国内商標を出願し、その後EUTMへの出願を行うことが賢明かもしれません。世界知的所有権機関(WIPO)が提供するマドリッド制度 (Madrid System)を利用することで、さらに保護を強化することができます。

登録後は、最優先となる商標登録の維持のため、経験豊富な商標弁護士が不可欠となります。そこで、更新日を逃すことなく、また定期的な商標出願の要件を満たすことを保証するデンネマイヤーの専門家がお役に立てるでしょう。デンネマイヤーは、数十年にわたる専門知識を駆使して、お客様の商標を登録し、侵害やその他の知的財産権の世界の危険から保護します。

Next article
csm_Your-comprehensive-guide-to-IP-docketing_07_094a71a187
Your comprehensive guide to IP docketing

Learn how IP management and proper docketing techniques can improve your business's resource allocation and support cost efficiency.